人気ブログランキング |

カテゴリ:登山( 488 )

2019.4.15 大倉山~奥三角山~三角山~荒井山
e0105954_2142281.jpg


出発時間:2019-04-15 11:46:23
到着時間:2019-04-15 14:30:26
所要時間:2時間 44分 3秒
移動距離:5.97 km
登山/下山距離:2.81 km / 3.17 km
平均速度:2.2 km/h
最低/最高速度:0.6 km/h / 5.3 km/h
最低/最高高度:144 m / 350 m
消費カロリー:1561kcal

月イチ2連休で
下ホロカメットク山の予定でしたが…

全道的に大荒れの天気で中止に。

前日まで最高の天気だったので
なおさら悔しくて朝からヤケ喰いで
ケーキを11個食べました(笑)
e0105954_214583.jpg


ヤケ喰い祭りの後、雨が小降りなので
近場で低山巡りすることに。

小雨が降ったり止んだりの中、
大倉山〜奥三角山へ。

駐車場から階段...これって登山?
e0105954_21462954.jpg


嫁さま、翔ぶ♬
e0105954_21475681.jpg


あっという間に山頂。 半袖(笑)
e0105954_21482475.jpg


自撮る♬
e0105954_21492755.jpg


奥三角山へ。
e0105954_2149584.jpg


奥三角山の直登コースには
残雪がありキックステップで山頂へ。

自撮る♬
e0105954_21504096.jpg


ヘンテコ眼鏡
e0105954_2153380.jpg


嫁さま 雨は小降り
e0105954_21512810.jpg


ワタクシ
e0105954_21521789.jpg


軽アイゼンすら持ってないので
下山時はやや慎重に。

大倉山を通過して三角山へ。
e0105954_21533699.jpg


到着♬ 雨はほぼ止んでいます。
e0105954_215509.jpg


ワタクシとデッドベア♬
e0105954_21554341.jpg


自撮る♬
e0105954_21563653.jpg


山頂で一休みしてると
どんどん雲行きが怪しくなり
本降りの雨となりました。

傘を差しながら再び大倉山へ。
e0105954_21571243.jpg


途中からずっとカミナリが鳴っていて
ヒョウが降っていました。

雷鳴を聴きながら続けて新井山へ。
e0105954_21574475.jpg


あっという間に登頂。
e0105954_21582726.jpg


e0105954_21592753.jpg


駐車場に戻り無事終了。

カミナリに撃たれなくて良かった(笑)

下山後は、来月着工予定の新店舗の
建材や設備の下見に^ ^
e0105954_220079.jpg









.
by infiniti_q45_213 | 2019-04-16 22:00 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.4.8 雄冬山

Sea to summitで雄冬山へ


駐車スペースから
一旦海岸に降りますが、
足元が岩場で危なそうなので
海面タッチはしませんでした(笑)
e0105954_951744.jpg

バス停を通過
e0105954_963457.jpg

全く雪が無いケマフレ集落跡地を抜け、
火葬場跡地を通過します。

泥々の道を進むとお墓があり、
その先は藪ですが…

鹿の足跡がたくさんあって
鹿道が出来ていたので
多少の藪漕ぎをしながら
集落裏山の急斜面へ。

ここから少し雪があるので
スノーシューを装着しますが
岩や倒木の隙間を踏み抜き
なかなか危ないです(汗)

踏み抜き祭りの急登を終えたら
日当たり良くて笹が起きてる所を
ちょっと藪漕ぎして広い森の中へ。
e0105954_97557.jpg

ここでようやく雪が増えて
歩きやすくなりました♬

密集している樹々が重なり
先が見えない森を取り付く予定の
尾根を目指して進みます。

ようやく取り付き尾根に辿り着き
急登祭りの始まりです。
e0105954_982030.jpg

取り付いた尾根には3つポコがあり
1つ目のポコの手前がかなりの急登です。

振り返るとスタート地点の海岸
e0105954_992418.jpg

3つのポコを超えても
まだまだ急登は続きます。

先が見えない急登
e0105954_9101959.jpg

時々日が射すと霧氷が綺麗
e0105954_9105914.jpg

なかなか終わらない急登
e0105954_9113752.jpg

急登を終えると目指す
雄冬山が見えてくる
e0105954_912434.jpg

緩やかな大斜面をトラバースして
山頂稜線へ向かいます。
e0105954_9122122.jpg

山頂稜線始まりの急登部から
アイゼンピッケルに換装。

強風と地吹雪に耐えながら
後続の嫁さまのために一歩一歩
足場を作りながら登る。
e0105954_9131522.jpg

厳しい登りです
e0105954_9135664.jpg

厳しい登りを終えると少し先に
広めの山頂がありますが
雲が付いていて眺望も無く
強風で記念撮影の小道具も出せず(笑)

林左エ門の座所。
e0105954_9161631.jpg

尻尾落とし
e0105954_9163854.jpg

嫁さま 流し目(笑)
e0105954_9184815.jpg

ワタクシ
e0105954_9192415.jpg

なんとか写真を撮って即退散。
e0105954_9194337.jpg

振り返ると晴れっぽいけど
山頂はあの奥で、雲が張り付いてます
e0105954_9214149.jpg

下山中一瞬だけ群別岳が見えました。
e0105954_9215742.jpg

取り付き尾根の急斜面は
スノーシューでは降りられないので
アイゼンのまま降りました。

広い森はスノーシューで、
集落裏山はツボ足で降りました。

朝より踏み抜きがひどくて危険。

泥の鹿道を歩いて
駐車スペースを通過して
海岸まで降りて無事終了♬
e0105954_9223119.jpg

林道終点までクルマで上がって
御殿経由で18kmある雄冬山に、
海から登って11kmということは
急登が多いということですね。

海からあの白い雪壁の向こうまで登りました
e0105954_9234076.jpg

日高並みの疲労感と達成感で
満足度の高い楽しい山行でした♬

2019.4.8 雄冬山
e0105954_9235841.jpg

出発時間:2019-04-08 05:22:45
到着時間:2019-04-08 11:39:34
所要時間:6時間 16分 49秒
移動距離:11.08 km
登山/下山距離:5.54 km / 5.54 km
平均速度:1.8 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 5.5 km/h
最低/最高高度:5 m / 1194 m
消費カロリー:3580kcal









.
by infiniti_q45_213 | 2019-04-09 09:24 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.4.1 信砂岳

雄大な暑寒連峰を見たくて信砂岳へ。
e0105954_054250.jpg


2019.4.1 信砂岳
e0105954_06458.jpg


出発時間:2019-04-01 03:21:44
到着時間:2019-04-01 08:01:46
所要時間:4時間 29分 54秒
移動距離:8.94 km
登山/下山距離:4.87 km / 4.07 km
平均速度:2.0 km/h
最低/最高速度:0.1 km/h / 5.8 km/h
最低/最高高度:268 m / 929 m
消費カロリー:2561kcal

道道94号共栄橋付近からスタート
e0105954_063997.jpg


暗闇の中で取り付き尾根を
見上げると凄く急登に見えたので
沢地形を進んだ結果…

壁の様な急登に(笑)

尾根に上がって振り返ると
東の空が赤くなってきていた。
e0105954_082154.jpg


e0105954_085659.jpg


その後も平行移動と急登を
繰り返す尾根を登る。
e0105954_094037.jpg


分厚い雲があり、ご来光はダメそう。
e0105954_0111088.jpg


かろうじて雲の隙間から♬
e0105954_0124287.jpg


指で囲んでみる。
e0105954_013128.jpg


手に乗せてみる。
e0105954_014859.jpg


あっという間に雲の中へ。
e0105954_0145626.jpg


c900辺りから
札幌ドーム35個分と言われる
広大な山頂台地となります。
e0105954_0153453.jpg


4月になったというのに寒い(汗)
e0105954_0163865.jpg


尾根頭から最高点まで1km以上あるので
しばらく雪原を歩いて山頂へ。

楽しみにしていた、
増毛天狗〜奥徳富まで見渡せる眺望は
ガスに巻かれて何も見えず…(涙)
e0105954_017337.jpg


景色は真っ白...
e0105954_0171830.jpg


しかも厳冬期並みの寒さと冷たい風(汗)
e0105954_0181196.jpg


デッドベア
e0105954_0195665.jpg


嫁さま
e0105954_0201735.jpg


ワタクシ
e0105954_0205688.jpg


長居無用で下山開始。
e0105954_0211710.jpg


少し下りたところで
カップラーメンを食べました。
e0105954_0214917.jpg


下山中に晴れてきた。
e0105954_0225541.jpg











.
by infiniti_q45_213 | 2019-04-02 00:23 | 登山 | Trackback | Comments(0)

札幌近郊以外は天気が悪そうだし、
午後には天気が崩れそうなので…

近場で未踏の屏風岳に。
e0105954_7324917.jpg


駐車スペースを見過ごして
少し先に駐めてしまいましたが
少し車道を歩いて、イケそうな
ところから入山しました。

直前まで降雪してましたので
新雪ラッセルです。

湿った雪が重い(汗)
e0105954_7332055.jpg



屏風岳を目指して沢沿いを登り
途中から直登で天狗岳に。
e0105954_7334652.jpg


周囲は曇ってるが頭上は青空。
だが強風(笑)
e0105954_7351791.jpg


なかなかの強風で山頂スルーで
北峰に向かうと吹き溜まりの
重たい雪のラッセルでした。
e0105954_7354646.jpg


北峰から朝里ダムと小樽の街
e0105954_7442874.jpg


逆光な嫁さま。
中央やや左にこれから登る屏風岳の
急斜面がチラッと見える。
e0105954_7471455.jpg


景色を見て本峰に戻り、
強風の中サッと写真を撮る。

嫁さま
e0105954_748574.jpg


ワタクシ
e0105954_7483831.jpg


屏風岳へ向かいます。

直下までは歩きやすいですが、
最後は岩場の崖です。
e0105954_7491747.jpg


写真では伝わりにくいですが
かなりの急斜面です。

手も使って木に捕まり
苦労してよじ登りましたが…

木に囲まれて眺望無いし…
強風だし…軽く吹雪いてきたので
サッと写真を撮って下山開始。

嫁さま
e0105954_7505689.jpg


ワタクシ
e0105954_7511653.jpg


自撮る♬
e0105954_7515564.jpg


念のため持ってきた
チェーンアイゼンを付けて
木につかまりクライムダウンで
崖斜面を慎重に下りて
そのまま下山しました。

2019.3.25 朝里天狗岳~屏風岳
e0105954_7595442.jpg


出発時間:2019-03-25 07:24:53
到着時間:2019-03-25 10:07:06
所要時間:2時間 42分 13秒
移動距離:5.39 km
登山/下山距離:2.63 km / 2.76 km
平均速度:2.0 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 5.3 km/h
最低/最高高度:421 m / 752 m
消費カロリー:1542kcal










.
by infiniti_q45_213 | 2019-03-26 07:52 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.3.19 四ツ峰

近場で未踏の四ツ峰に登りました。
e0105954_1294693.jpg


2019.3.19 四ツ峰
e0105954_121055.jpg


出発時間:2019-03-19 07:29:32
到着時間:2019-03-19 10:16:28
所要時間:2時間 46分 25秒
移動距離:6.65 km
登山/下山距離:3.39 km / 3.25 km
平均速度2.4 km/h
最低/最高速度:0.4 km/h / 9.9 km/h
最低/最高高度:263 m / 791 m
消費カロリー:1580kcal

滝の沢林道入り口に駐車して
林道歩きからスタート。

林道入口で自撮る♬
e0105954_12131822.jpg


カーブミラーで自撮る♬
e0105954_12143226.jpg


2km弱ほど林道を進み
取り付き尾根に。
e0105954_1215077.jpg


なかなか急登ですが
締まった雪で登りやすい。
e0105954_12153349.jpg


ワタクシは短パン(笑)
e0105954_121611100.jpg


行動食...にはならない!?
e0105954_12174624.jpg


急登の途中で小休憩。
頭上からは強風の轟音が
聞こえています。
e0105954_1218376.jpg


送電線下に出ると
なかなかの強風でした。
e0105954_12192670.jpg


3つ目のポコの下を
トラバースしながら登る。
e0105954_12195925.jpg


急斜面には所々に
大きなクラックがありました。

2つ目のポコの近くの
送電線付近はかなりの強風でした。

無事登頂するとピークは
風が遮られ平和ですが…

樹々に囲まれて眺望は無し。

記念撮影とおやつタイム

デッドベアTシャツで自撮る♬
e0105954_1221832.jpg


嫁さま
e0105954_12224735.jpg


ワタクシ
e0105954_12231974.jpg


下山開始。唯一の眺望。
e0105954_1225681.jpg


風が強くて740pには行かず下山。

1時間ほどで無事下山して
デブ活ランチに直行しました♬









.

by infiniti_q45_213 | 2019-03-20 12:28 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.3.18 トヨニ岳


2019.3.18 トヨニ岳
e0105954_21572546.jpg


兼ねてからタイミングを伺っていた
ピリカヌプリにnao氏と向かいましたが…

予報よりも風が強く、
時々カラダが揺さぶられる。

午後からさらに強まる予報。

帰路でのナイフリッジ通過は
相当困難かもしれないので
トヨニ岳南峰で撤退としました。

せめてトヨニ岳北峰までとも
考えましたが安全確保が最優先^ ^

日帰りでピリカヌプリの
予定でしたので、結果的に
ナイトハイクになりました。

トヨニ岳南峰手前の稜線上で
綺麗なご来光が見れたので
満足感のある撤退でした(笑)

2019.3.18 トヨニ岳
e0105954_2157462.jpg


出発時間:2019-03-18 01:58:07
到着時間:2019-03-18 08:25:12
所要時間:6時間 27分 5秒
移動距離:8.83 km
登山/下山距離:4.16 km / 4.67 km
平均速度:1.4 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 5.0 km/h
最低/最高高度:527 m / 1481 m
消費カロリー:3684kcal

日帰りでピリカヌプリの予定ですので
15時間ほどの行動時間を想定して...

終業後に移動して多少の仮眠をとり
午前2時に野塚トンネル十勝側から出発。
e0105954_220068.jpg


取り付き尾根の急登。
e0105954_2203983.jpg


暗闇のトラバースは足下の闇に
吸い込まれそう。
e0105954_222128.jpg


雪庇尾根と細尾根の連続、
暗闇なので慎重に歩を進めていると
東の空が赤くなってきた。
e0105954_224518.jpg


振り返ると闇に浮かぶ
稜線のシルエットが美しい。
e0105954_2254946.jpg


だいぶ明るくなってきた。
e0105954_227177.jpg


細尾根の連続、強風に雪煙が舞う。
e0105954_2285450.jpg


核心部となるナイフリッジを通過。
偽ピークの奥にトヨニ岳南峰。
e0105954_22122457.jpg


横風に注意してバランスを取りながら
慎重かつ迅速に通過する。
e0105954_22134875.jpg


全員無事通過。
そろそろ御来光タイム♬
e0105954_22144354.jpg


お天道様出ました!
風に舞う雪煙もモルゲンに染まる。
e0105954_22161256.jpg


偽ピークへの急登を詰める。
e0105954_2216553.jpg


偽ピークから見た
トヨニ岳南峰〜北峰〜ピリカヌプリ。
e0105954_22181442.jpg


強まる風に地吹雪が舞う
e0105954_22185966.jpg


カラダが持っていかれる強風で
ピリカヌプリまでは無理と判断して
トヨニ岳南峰で撤退と決めて南峰に向かう。
e0105954_22224623.jpg


地吹雪で顔が痛い。
e0105954_22233940.jpg


南峰に登頂、だいぶ陽が高くなってきた。
東峰の向こうに太平洋。
e0105954_22254256.jpg


歩いて来た稜線をバックに嫁さまと。
e0105954_22264970.jpg


北峰〜ピリカヌプリをバックに嫁さまと。
e0105954_22272667.jpg


北峰〜ピリカヌプリをバックに嫁さま&nao氏。
e0105954_22292427.jpg


強風極寒(-13℃)の中でなんとか自撮る♪
e0105954_22304491.jpg


ピリカヌプリは今後の宿題ですね!
e0105954_22315644.jpg


下山開始! 襟裳岬の方まで見渡せる
e0105954_22345787.jpg


偽ピークからの急降下。
目下には核心部のナイフリッジが見える。
e0105954_22365036.jpg


岩稜地帯は雪が無くなってきてます。
e0105954_2239244.jpg


取り付き尾根近くまで戻ってきた。
さっきまでいたトヨニ岳は雲と雪煙の中。
e0105954_2242192.jpg


取り付き尾根を下ると
風が稜線に遮られて穏やかに。
e0105954_22443933.jpg


なぜかワタクシだけ下駄になり歩きにくい(笑)
e0105954_22455480.jpg


無事下山でお疲れピース♬
e0105954_22465069.jpg


ピリカヌプリ敗退で予定より
8時間以上早く下山してしまったので
札幌に帰ってランチすることに。

帰路の200km以上の運転も
ある意味核心部でした(汗)








.
by infiniti_q45_213 | 2019-03-19 22:52 | 登山 | Trackback | Comments(0)

nao氏 & ぴよママさんと
予定してたちょっとハードな山行は
悪条件のため延期となり、
お手軽な低山〜スイーツ祭りに♬
e0105954_9524054.jpg



2019.3.11 石倉山~小樽内山
e0105954_9534642.jpg


出発時間:2019-03-11 05:53:40
到着時間:2019-03-11 09:58:46
所要時間:4時間 5分 6秒
移動距離:9.72 km
登山/下山距離:4.82 km / 4.90 km
平均速度:2.4 km/h
最低/最高速度:0.6 km/h / 5.4 km/h
最低/最高高度:116 m / 675 m
消費カロリー:2332kcal

昨年の同時期には雪の壁を
よじ登って取り付いた
登山口は雪が無く、
スノーシューを持って入山。

取り付き部は雪が少ない
e0105954_9555998.jpg


ちょびっと急登を登りきり
尾根を進むと軍事道路に出る。

軍事道路を道なりに進むと
明治時代の通信設備中継所跡地の
コンクリート小屋があります。

明治時代から
全く朽ちてないコンクリート小屋
e0105954_9562499.jpg


ぴよママさん、入ってみる♬
e0105954_9581188.jpg


中継所跡地からは道路を進んで
斜度の緩いところからピークへ
向かうのが一般的の様ですが…

雪が締まっている時期なので
中継所跡地から崖ちっくな
急斜面を直登していきます。
e0105954_9584890.jpg


途中で振り返ると海が見えます
海を見ながら休み休み登ります♬

急登を登りきって少し進むと
すぐ山頂に到着です。

向こうに見えるのが小樽内山の肩
e0105954_9591869.jpg



軽くおやつタイムと記念撮影♬

自撮る♬
e0105954_100258.jpg


nao氏 & 嫁さま & ぴよママ
e0105954_10155.jpg


本日の最終目的地の小樽内山へ。

一旦、少しだけ標高を下げて...
e0105954_1024082.jpg


送電線下を通過...
e0105954_103199.jpg


蔦に座って休憩
e0105954_1043724.jpg


山頂につながる広尾根まで
急登ですが、中継所跡地から
石倉山への直登ほどでは無いです。
e0105954_1045949.jpg


急登を終えて広尾根を
5〜600m進んだら
小樽内山ピークに到着です。
e0105954_1052896.jpg


e0105954_1054470.jpg


ヘンテコ眼鏡で記念撮影(笑)
e0105954_1061296.jpg


自撮る♬
e0105954_1064871.jpg


下山は尾根のすぐ脇にある
林道を歩いて取り付きの
急登部を激下りして…
e0105954_1071488.jpg


トラバースしても良いけど
もう一度石倉山へ。

鳥だ...! 飛行機だ っ...!
e0105954_1073227.jpg


いや、鳥だ(笑)

ピークから軍事道路へまた激下り
e0105954_1092180.jpg


来た道を戻り無事下山しました。
e0105954_1095065.jpg


ワタクシ的に札幌近郊の
お手軽なマイナー峰では
とてもオススメなコースです(о´∀`о)

3箇所のプチ急登と
快適な林道歩き、
明治時代の建造物を
見学して海も見えて、
往復10km程度の程良い距離、
良いハイキングコースです♬

下山後はスイーツ祭りに向かいます♡












.
by infiniti_q45_213 | 2019-03-12 10:10 | 登山 | Trackback | Comments(0)

札幌近郊で未踏だった百松沢山へ。

百松沢山は2回目の
コトラ姉さんと登ります♬
e0105954_1385243.jpg


2019.3.4 百松沢山 北峰~南峰
e0105954_1393038.jpg


出発時間:2019-03-04 06:02:37
到着時間:2019-03-04 11:18:52
所要時間:5時間 16分 15秒
移動距離:13.89 km
登山/下山距離:6.90 km / 6.98 km
平均速度:2.6 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 6.2 km/h
最低/最高高度:203 m / 1034 m
消費カロリー:3008kcal

スノーシューはザックにつけて
ツボ足ノーアイゼンで
平和霊園を6:00頃スタート。

しばらく林道を進みます。
e0105954_1394628.jpg


スノーブリッジは
まだシッカリありました。
e0105954_1310214.jpg


宮城沢川の二股を左に行きます。

ガスの中に入りました。
e0105954_13105013.jpg


ガスを抜ければ晴れそう♪
e0105954_13125014.jpg


沢地形に沿って進み、
広い尾根に取り付きます。

これを登りきったら
すぐに北峰ピークです。

山頂直下でガスを抜けて雲海に♡
e0105954_1314569.jpg


ここまで、藻岩山並みの
一級国道トレースですが
早朝なのでガチガチで滑ります。

軽アイゼン程度は
あった方が良いと思います。

今回はワタクシが先頭で
ステップを切って登りました。

2時間40分ほどで北峰ピークへ。

雪が少な過ぎて標識が高い...
e0105954_1315311.jpg


届かないのでこの方法で...(笑)
e0105954_1316680.jpg


良い感じ♬
e0105954_1316396.jpg


ここでオヤツ休憩と記念撮影で
25分ほど休憩しました。

これから向かう南峰♡
e0105954_13181938.jpg


コトラ姉さんと嫁さま
e0105954_131967.jpg


ワタクシと嫁さま
e0105954_13201670.jpg


自撮る♬
e0105954_13215320.jpg


コトラ姉さんの手作りマフィン♡
e0105954_13252921.jpg


続けて南峰を目指します。

ここからはトレースが
薄くなりましたが
天気が良く目の前に
目的地が見えてるので
迷いようがありません。

途中で定山渓天狗岳が綺麗に見えました
e0105954_13285869.jpg


ほど良く締まった雪質で
サクサク登れて10分ほどで
南峰ピークに到着♬

小道具セッティング中(笑)
e0105954_13265217.jpg


コトラ姉さんと嫁さま
e0105954_13301743.jpg


自撮る♬
e0105954_1331113.jpg


南峰ピーク高度感あり
e0105954_13331038.jpg


e0105954_13333387.jpg


高度感がある南峰ピークで、
30分ほどオヤツ休憩や記念撮影。

下山後の予定もあるので
下山路開始しました。

ワタクシ以外は軽アイゼンを装着、
ワタクシはトレースを外して
ズボズボ歩いて下山しました。

結局スノーシューは
ただのお荷物でした(笑)

今回は下山後の
ランチビュッフェは無し(笑)

帰宅してカップ麺♡
e0105954_13344135.jpg

















.
by infiniti_q45_213 | 2019-03-05 13:34 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.2.25 山田峰

前から行ってみたかった
札幌岳の前衛峰「山田峰」へ。
e0105954_23122710.jpg


2019.2.25 山田峰
e0105954_23124511.jpg


出発時間:2019-02-25 06:14:32
到着時間:2019-02-25 11:10:00
所要時間:4時間 55分 28秒
移動距離:9.75 km
登山/下山距離:4.67 km / 5.08 km
平均速度:2.0 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 5.0 km/h
最低/最高高度:366 m / 971 m
消費カロリー:2808kcal

豊平峡側から登る方が
一般的なルートだと思います。

コチラは急登だらけですね‪‪

豊滝の盤の沢川と
滝ノ沢川の間の林道〜送電線下へ
滝ノ沢川をSB渡渉して
尾根に取り付きました。

ルート上にピンクテープなどの
案内はほぼありません。

林道
e0105954_2314431.jpg


SB渡渉 アニマルトレースいっぱい
e0105954_23142185.jpg


札幌岳は雲の中
e0105954_23161143.jpg


急峻な尾根を登っていく
e0105954_23163554.jpg


ここは締まっていて登りやすい
e0105954_2317373.jpg


少し細いところもあります
e0105954_23184165.jpg


山田峰までは微妙に
尾根分かれしていますので
雪庇を乗り越えて
尾根を乗り換えて行きます。

強風や降雪で自分のトレースが
消失した場合に尾根乗り換えの
ポイントを直進してしまわない様に
注意する必要があります。

雪庇を乗り越え最初の尾根乗り換え
e0105954_23275122.jpg


山頂直下の尾根乗り換え、
チラッと見える雪庇を超えたら
チョット登ればすぐ山頂です。
e0105954_23305114.jpg


ここは中々の急登です
e0105954_2331465.jpg


山頂スルーで最高点へ向かう。
やっぱり札幌岳は雲の中。
e0105954_23332950.jpg


山田峰の三角点ピーク(935.9m)と
山田峰最高点(960m)に到達したところで
札幌岳方向を見ると雪雲の中ですが...

ちょっと欲が出て札幌岳まで
縦走をこころみます。

80mほど標高を捨てて最低コルへ。

ここまでは締まった雪で
歩きやすい感じでしたが...

c1090p手前の壁の様な
急登がサラサラ雪でスリップ祭り...
雪が締まってなくて踏み抜き祭り...
雪が少なくて藪がうるさい薮漕ぎ祭り...
前日までの強風のせいか吹き溜まりが
オーバーハング級の壁祭り…

嫌な祭りだらけの中を
しばらく格闘しましたが
あと標高130mもこれが続くと
思ったら戦意喪失(笑)

おまけに雪と風までついてきたので
撤退となりました(∩´﹏`∩)

キックステップで登れる残雪期なら
さほど苦労せず登れそうですが
今年は雪が少ないのでそれすらどうか?

とりあえず最高点まで戻ってオヤツ休憩
e0105954_23352882.jpg


最高点で撮ってもらう
e0105954_2335568.jpg


自撮る♬
e0105954_23363136.jpg


山田峰山頂へ。

あるはずの標識が無くて右往左往しました。

とこかに飛ばされてしまった様です(涙)

かつて標識がついていたと思われる木
e0105954_2338096.jpg


嫁さま
e0105954_23391942.jpg


ヘンテコ眼鏡で自撮る♬
e0105954_23385572.jpg


風雪が強くなってきたので下山しました。













.
by infiniti_q45_213 | 2019-02-25 23:39 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2019.2.19 奥手稲山

ずっと行きたくてタイミングが
合わなかった奥手稲山へ。
e0105954_1531341.jpg


2019.2.19 奥手稲山
e0105954_15315292.jpg


出発時間:2019-02-19 07:23:58
到着時間:2019-02-19 10:43:35
所要時間:3時間 19分 37秒
移動距離:10.62 km
登山/下山距離:5.18 km / 5.45 km
平均速度:3.2 km/h
最低/最高速度:1.0 km/h / 6.0 km/h
最低/最高高度:502 m / 946 m
消費カロリー:1894kcal

まず、ゲートが7:00まで開かない...
これが行けなかった理由の1つ。

お盆正月GWも含めて
4週5休の年間60日のお休みでは、
登山以外の用足しをするのに
時間が足りないので
もっと早発ちしたいのです(笑)

春香山小屋を7:25頃出発。
e0105954_1532642.jpg


林道分岐を
つげ山、奥手稲山方面に(右)
e0105954_15322227.jpg


雲の向こうにお天道様...
e0105954_153372.jpg


つげ山取り付きまでは
前日のものっぽい
複数のスキートレース
があり1級国道^ ^

そのさきは、前々日くらいの
1人分のスキートレース(登り)

トレースがある安心感と
引き換えの…

ルーファイ無しの物足りなさを
感じながら淡々と歩く。

取り付き部には2つの看板が。
e0105954_1533598.jpg


広尾根に上がって振り向くと
国際スキー場と朝里岳か?
e0105954_15352367.jpg


出そうで出ないお天道様
e0105954_1536199.jpg


ラッセルも軽く、
ルーファイ要らずなので
1時間50分ほどで登頂。

雪が少ないので標識が高い
e0105954_153857.jpg


撮ってもらう
e0105954_15393458.jpg


自撮る♬
e0105954_1540373.jpg


手稲山まで行けそうに見える
e0105954_15413368.jpg


石狩湾が見えます
e0105954_1542636.jpg


登ってきた方向
e0105954_15423888.jpg


高温に注意と聞いていたのに
氷点下9℃で強風で寒い…

山の家からつげ山を回って
帰ろうかとも思ったが…

ヤル気が出ずピストンすることに。

15分ほど景色を見たり
写真を撮ったりして下山開始。

途中の風を避けるところで
おやつタイムをとりました

山頂直下と取り付き部で
数名とスライドしたので
下山時はバッチリトレースに。

長い林道を歩いて無事下山。









.
by infiniti_q45_213 | 2019-02-20 15:43 | 登山 | Trackback | Comments(0)