人気ブログランキング |

藻岩山ナイトハイクの後、大して寝る時間もなく
4:00起床でイチャンコッペ山へ(≧∇≦)

5:30にTAROちゃんとMEGさんと
待ち合わせて準備を整え6:00にスタート。
e0105954_21264810.jpg


お2人とも冬山は初心者ですのでゆっくりと歩を進めます。
e0105954_2128178.jpg


序盤の急登で樹々の隙間から空が焼けてくるのが見えました。
e0105954_21274793.jpg


5合目?(ワタクシが勝手に思ってる?)の見晴らしポイントで
ご来光を迎えられると良いと思ったがやや遅れて到着しました。
e0105954_21292866.jpg


日の出の瞬間は見れなかったが、
清々しい朝日を見ながら小休憩しました。
e0105954_21295173.jpg


785mピークへの登りで、
TAROちゃんに貸しているスノーハイク向けの
スノーシューがスリップしてツラくなったので
10本爪軽アイゼンへ足元をチェンジ。

踏み抜き防止のためMSRの3人が先行して
最後尾でトレースに乗る作戦でしたが、時々沈んでました 笑

785mピークから本ピークまでは相変わらずの強風で
吹き溜まりにより前日までのトレースも消失していました。
e0105954_21304846.jpg


目指すピークを捉えました! 穏やかそうに見えるが強風極寒!
e0105954_21315852.jpg


ワタクシが先頭でおそらくこの辺が前日までの
トレースだろうと思われるラインを足首〜スネ程度の
軽いラッセルをしながら道を作り3人で踏み固めながら
歩を進め、無事に登頂しました!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
e0105954_21334983.jpg


e0105954_21343042.jpg


晴れながら小雪がチラつき強風が渦巻くという
よくわからないコンディションですが、
風を避けられる場所を探して食事休憩することに。
e0105954_21362890.jpg


e0105954_21375467.jpg


各自シェルなどを追加して防寒対策をしてから、
持参の昼食やオヤツを頂きました♪
e0105954_21385675.jpg


ウチの斜め向かいにある
イタリア料理「街はずれのたんぽぽ」さんで買える
手作り生チョコを持参したのですが...
e0105954_21382996.jpg


–10℃でも柔らかく滑らかな口溶けで美味しかったです♪

休憩中にずっと雲が付いていた恵庭岳が出現! 即撮影!
e0105954_21405289.jpg


TAROちゃんは地吹雪に巻かれてます 笑
e0105954_21425520.jpg


食事と撮影が済んだら下山開始です。

山頂直下の斜面と785mピークの斜面は
背負ってきたソリ「まっきぃ号」で!
e0105954_21433632.jpg


尻滑りボードと違って歩いてきた
トレースに沿ってコーナリング出来ます 笑

若干危険を感じたので次回は
ヘルメットをしていきます 笑

相方さんとTAROちゃん尻ボーで。
e0105954_21443079.jpg


e0105954_2145340.jpg


滑走が終了したらザックにまっきぃ号を括って歩きます。

幌平山をトラバースするところまで戻りメンバーの体力と
時間を確認して大丈夫そうなので幌平山にも登ることに。

幌平山の山頂では2匹のサルと遭遇?
e0105954_21474263.jpg


TAROちゃんは週に数回、
ボルダリングのジムに通うボルダーさんなのですよー!

幌平山山頂は絶好の恵庭岳ビューポイントですが、
曇ってきて恵庭岳も霞んでしまいました…💧
e0105954_21511864.jpg


e0105954_2152301.jpg


ここまでは尾根伝いできましたが山頂から正規ルートまで
スノーシューで直下してみることにしました。

地図にて地形を確認すると正規ルートに戻るには
やや左を意識しないと沢地形に入り込みそうでした。

雪がたっぷりあれば沢地形に沿っていけば、
駐車場に直接降りられるけど、
入山時に確認したところ雪が少なくて
地面が露出していたので難儀しそうでした。

そしてソッチに降りるとポストに戻って
下山時刻を書いたりするのが面倒なのです 笑

無事に正規ルートから下山して、
6時間60分の山旅が終了しました。
e0105954_21532222.jpg


2016年踏んだピークは5座となりました!

全ての写真を見る (ここをクリック)


HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2016-01-12 21:55 | 登山 | Trackback | Comments(0)

我がヘアサロンに材料を卸してくれる
業者Aさんが登山に興味津々なので、
日曜日の終業後に藻岩山にご案内♬

慈啓会コースから行きます♪
e0105954_1141433.jpg


人生初登山が夜の冬山というのも、
レアな気もしますが...笑

ジャマな虫もいないし、
泥まみれになったりしないし、
暑すぎて大汗掻いたりしないし、
かえって良い思います♬

19:50のスタート直後に軽く吹雪いてきましたが...
e0105954_11533064.jpg


e0105954_11534286.jpg


馬の背あたりで雪がやみ視界が良くなりました。
e0105954_11535293.jpg


初心者さんのペースに合わせて、
ゆっくりゆっくり登り、何度も休憩して
1時間15分ほどで無事登頂。

休憩所にて、ごほうび(おやつ)タイムの後...
e0105954_1155326.jpg


寒さ対策をしてから屋上展望台へ。
e0105954_11551771.jpg


e0105954_11554553.jpg


e0105954_11555439.jpg


ベストとは言えない空気の透明感ですが、
日本新3大夜景にAさんも満足気でした。
e0105954_11562834.jpg


e0105954_11564890.jpg


e0105954_1157040.jpg


e0105954_11571020.jpg


e0105954_11572540.jpg


e0105954_11574726.jpg


三脚を持って行かなかったので、
写真はブレブレになってしまいました💦

夜景を手持ちで撮るのは難しいです💧
e0105954_1158436.jpg


e0105954_11583091.jpg


夜景を楽しんだら下山開始です。

山に行かない方は下山はラクだと
思う方が多いようです…

カラダにかかる負荷は登りより大きく、
事故なども起きやすいのです。

スタミナ消耗や心拍数上昇は、
確かに登りの方がキツいのですが
推進力と重力がお互いを打ち消して
中和するので衝撃が少ないです。

逆に下山時は推進力と重力が同じ向きなので
加算されて着地の衝撃や滑りやすさなどが
増幅してしまうのです。

Aさんも下山にヒザの痛みを訴えていました。

通常の歩行時は無意識にスライドして
余分な負荷を逃しているのですが、
スリップ防止の軽アイゼンで力の逃げが
無いせいもあるだと思います。

それでもゆっくり歩いて22:30分に無事下山して、
休憩込み2時間40分ほどの山行が終了しました。
e0105954_11584950.jpg


Aさんも心地良い疲労感と
達成感を感じているように見えました。

私たちは翌朝5:30集合でまた山行です💦



HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2016-01-12 11:59 | 登山 | Trackback | Comments(0)