カテゴリ:登山( 340 )


登山道の無い漁岳に登って来ました♬
e0105954_1262174.jpg


林道→ゴーロ歩き→滝の高巻き→
藪漕ぎ→ピーク到達という過程が…

まるで小ちゃなカムエクの様でした 笑

まだ暗いうちに林道からスタート
e0105954_1274895.jpg


途中で夜が明けて御来光
e0105954_128533.jpg


e0105954_129995.jpg


最初から入渓するという選択肢もありますが
チキンなワタクシたちは林道終点から入渓 笑
e0105954_1292630.jpg


林道終点から入渓地点までは
まぁまぁ明瞭な踏み跡があります。

入渓地点
e0105954_1295297.jpg



大きな石の河原を上流に進んで行くと
すぐに斜度が増して来て、
大小の滝の連続となります^_^
e0105954_1210644.jpg


e0105954_12102427.jpg


落差が大きくて難しいところには
トラロープのフィックスドロープが
ありますが滑るので、
滑らないグローブが必須です^_^
e0105954_12105141.jpg


e0105954_1211633.jpg


ちょっとだけナメもあります。
e0105954_12113732.jpg


源頭部まで詰めたら笹のトンネルの急登。
e0105954_12114988.jpg


逆目なのでカラダの大きい人は
登りにくいと思います(^_^;)

稜線に上がると短いですが
前が全く見えないほどの激ヤブがあります。
e0105954_1212622.jpg


それを越えたら踏み跡に従い
軽いヤブ漕ぎですぐに山頂です。
e0105954_12122119.jpg


e0105954_12124838.jpg


冬は何度か登ってますが、
夏の漁岳の山頂は初めてです。
e0105954_12131268.jpg


e0105954_1213346.jpg


この日のコンディションは
快晴微風で過ごしやすかったです。

漁岳神社
e0105954_12143920.jpg


雲海に浮かぶ恵庭岳や羊蹄山、
ニセコ連峰、徳舜瞥山などが綺麗でした。
e0105954_1215681.jpg


e0105954_12152175.jpg


過ごしやすい環境でしたので、
1時間以上もノンビリしてしまいました。

下山時はフィックスドロープを使って
やや緊張感のあるところもありますので
落ち着いて慎重に降りました。
e0105954_12154035.jpg


夏の漁岳はとても面白かったです^_^

2017.8.21 漁岳
e0105954_126469.jpg


出発時間:2017-08-21 04:18:35
到着時間:2017-08-21 11:43:21
所要時間:7時間 24分 15秒
移動距離:12.63 km
登山/下山距離:6.04 km / 6.59 km
平均速度:1.7 km/h
最低/最高速度:0.3 km/h / 11.3 km/h
最低/最高高度:524 m / 1323 m
消費カロリー:4227kcal

今年の山行で踏んだピークは81座、
累積山行距離は約480.21kmとなりました。




HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-08-22 12:15 | 登山 | Trackback | Comments(0)

念願だったカムイエクウチカウシ山に
登ってきました〜♪( ´▽`)
e0105954_9582934.jpg


いつもは終業後に長距離移動して
ほぼ寝ないで早発ちしていますが…

今回はハードな山行になると思って
前日移動で帯広に行き、お気に入りの
「食いしん坊フードスタジアム」でガッツリ食べて...
e0105954_9593467.jpg


e0105954_9595566.jpg


e0105954_9594462.jpg


温泉に浸かったりして鋭気を養いました〜♬

年に1度しかない3連休だから出来た
前泊の休養日ですね〜^_^

1日ゆっくり過ごして14日の夜、
札内川ヒュッテへ。

先に到着していたお知り合いのN氏に
ご挨拶をして、当日は違う行程ですが
お互いの安全と成功を誓い合い就寝。

1:00起床で準備を進め2:48出発。
e0105954_1005651.jpg


暗闇の砂利道に20kgのザックなので、
安全確保のためと…

当然行きは登りが多いので
ほとんど自転車を押して歩きました。

ちょうど明るくなる頃に七の沢出合に
到着して自転車をデポしました。

七の沢はかなり幅のある川ですので
ここが登山口と言われてもピンと来ず
一瞬戸惑いましたがとにかく上流へ
進めば良いのだろうと思い直す 笑
e0105954_1014651.jpg


右岸〜中州〜左岸を行ったり来たり
しながら、自分なりの歩きやすい所を
探して進んで行きます。
e0105954_102436.jpg


e0105954_1023332.jpg


大雨が降るごとに川の形は
変わっていくでしょうから…

その都度、現地判断が必要ですね。

八の沢出合は大きく回り込んだ分岐を
左に進みます、ここを間違えると
九の沢に行ってしまいます。

6:15頃、八の沢出合テン場に到着して
テン張って食事休憩して7:00に出発。
e0105954_102474.jpg


ここからは徐々に幅が狭くなり
斜度が増していきます。
e0105954_1031764.jpg


八の沢は大きな石が多くて
段差越えがツラくなってきますので…
e0105954_1032877.jpg


何箇所かある巻道を探して使うと良いです。

c999三俣からは滝を高巻く感じで
カールまで急登が続きます。
e0105954_1035379.jpg


この日はガスと霧雨のため
ウエットコンディションで泥濘んで
滑るので滑落注意です。

実際、前日に滑落事故があり
深夜から道警の救助隊が入山して行き
三俣の手前でスライドしましたが、
怪我人は目が開かないくらいに
顔が腫れて痛々しかったです 汗

下で待つ相方さんが心配してましたと
話しかけると…

「私みたくならない様に気をつけてね」
逆に励まされました…

夫婦で100名山を踏破している
ベテランさんです。

そんな人でもガイドをつけてるのに
怪我をしてしまう時もあるのだと思い、
緊張感が増し気が引き締まります。

ここまで3名いた先行者のうち
2名は悪天候のため撤退していますので
先行者は1名いるはずですが…

3時間前にテン場を出てるので、
追いつくわけもなく2人ボッチです。

三俣の急登部は巻道と間違いそうな
小沢が多々ありますので、
ピンテや踏み跡をよく見て進みます。

実際、下山時に藪の中から
「スイマセーン、道わかりませーん」
と叫び声が聞こえてきて、
正しい道を教えるという事がありました。

急登を終え八の沢カールに到達すると
ガスガスで真っ白で何にも見えません。
e0105954_1042165.jpg


ここで小休憩と魚肉ソーセージを食べ
いよいよピークハントに向かいます。

稜線に上がる途中で
先行者の方とスライドしました。

稜線に上がると日高らしい細い尾根を
ハイマツを漕ぎながら進んで行きます。
e0105954_105118.jpg


ガスで真っ白なので
どこがピークなのか全く見えません、
少し進むごとまだ先がある…
e0105954_1051819.jpg


まだ先があるとガッカリします 笑

所々に熊のフンや掘り返しがあり
こんな細い所を歩くんだと思いました。

そういえば七つ沼カールの上の
細い尾根にも幅いっぱいのデカいヤツが
道を塞いでいたのを思い出しました 笑

11:50頃、念願のカムエクピークに到達!
e0105954_1054175.jpg


e0105954_106366.jpg


残念ながらガスガスの真っ白で景色は
全く見れませんでした。
e0105954_1063580.jpg


すぐ隣のピラミッド峰どころか
歩いてきた稜線すらほぼ見えません 涙
e0105954_106526.jpg


霧雨が降るなか食事をしながら、
40分ほどガスの切れ間を待ちましたが…

全くダメでした、残念無念!

山頂標識がなくなってると聞いたので、
自作の標識で記念撮影して下山開始。
e0105954_1071327.jpg


e0105954_1073366.jpg


カールに降りるとカール泊のN氏が
テン張って水を採っていたのでご挨拶。

ゆっくりしたいところですが、
ワタクシ達は八の沢出合まで
戻らなければいけないので…

自作の標識を差し上げて下山して行きます。
e0105954_1081350.jpg


急斜面で滑落しない様に慎重に下りていると
カール泊予定の人たちが数組上がってきました。

今夜のカールは賑わう事でしょう^_^

無事に急斜面を下りると、
あとは大きな石の河原を歩いて
テン場に帰るだけです。

緊張する場面が終わり、来る時に
積んできたケルンを目印に下りて行き
17:00にはテン場につきました。

このまま降りれば明るいウチに
自転車をデポした七の沢出合まで
戻れるので暗い林道歩きが
イヤでなければ日帰り可能ですね。

この日はテン場でゆっくり過ごして
早めに就寝、夜中に雨が降りましたが
夜明けには止んでくれました。

2:30頃起床して4:00には撤収作業を
終えていましたが…

薄暗かったので河原に座って
明るくなるのを待って4:30頃下山開始。

7:00過ぎに無事に札内川ヒュッテに到着。

道具の整理や着替えを済ませて
8:00には帰路につき12:00には
札幌市内で焼肉を食べていました。
e0105954_1091275.jpg


数時間前まで中札内の山奥に
いたんだよな〜と、不思議な気持ちに 笑

1日目
札内川ヒュッテ→七の沢出合(自転車)→
八の沢出合(テン場)→c999三俣→
八の沢カール→カムイエクウチカウシ山→
八の沢カール→c999三俣→八の沢出合(テン場)

2017.8.15 カムイエクウチカウシ山
出発時間:2017-08-15 02:48:46
到着時間:2017-08-15 17:10:07
所要時間:14時間 16分 54秒
移動距離:22.64 km
登山/下山距離:11.82 km / 10.82 km
平均速度:1.6 km/h
最低/最高速度:0.4 km/h / 22.1 km/h
最低/最高高度:456 m / 1978 m
消費カロリー:8149kcal
e0105954_1093696.jpg


2日目
八の沢出合(テン場)→
七の沢出合(自転車)→札内川ヒュッテ

2017.8.16 カムエク(八の沢から下山)
出発時間:2017-08-16 04:32:24
到着時間:2017-08-16 07:10:32
所要時間:2時間 31分 36秒
移動距離:13.18 km
登山/下山距離:5.08 km / 8.10 km
平均速度:5.2 km/h
最低/最高速度:1.2 km/h / 30.2 km/h
最低/最高高度:481 m / 697 m
消費カロリー:1438kcal
e0105954_1095581.jpg


今年の山行で踏んだピークは80座、
累積山行距離は約467.58kmとなりました。




HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-08-17 10:10 | 登山 | Trackback | Comments(0)

前からいつか繋ぎたいと思っていたコースを
お山仲間のowliver姐さんとmeguさんと
繋いできました〜♬
e0105954_14261020.jpg


5:00に塩谷丸山登山口でメンバーと待ち合わせ、
ここに車をデポして天狗山スキー場へ移動して
5:30にハイク開始しました。

6:00前だというのに日差しが強くて
無風で暑かったです。
e0105954_1426356.jpg


作業道路のような道から登山道に入ると
カラフルなお地蔵様がいました。
e0105954_1426577.jpg


登山道を抜けるとゲレンデと合流して
8合目となる展望台に出ます。
e0105954_14282661.jpg


相方さんの帽子にはセミさんが 笑
e0105954_14274719.jpg


owliver姐さんはサマージャンボ当選祈願中です
e0105954_14294639.jpg


天狗山ピークは縦走路と外れた場所にあるので
遊歩道コースへ進み途中にある本ピークへ。
e0105954_14301220.jpg


縦走路へ復帰するには最終リフト終点あたりで
行けそうなところを藪を漕いでいきます。
e0105954_14302690.jpg


縦走路序盤は車が通れそうな一級国道です。
e0105954_1430543.jpg


謎な分岐がたくさん有りますが
ピンクテープとGPSで確認して進んでいきます。

天狗平〜大曲り〜於古発山までは
特に濃い藪もなくまぁまぁ歩きやすいと思います。

於古発山ピークは樹々に囲まれていて
展望もピーク感もありません 笑
e0105954_14312653.jpg


e0105954_14313962.jpg


於古発山〜遠藤山は20分ほど歩けば着きます。
e0105954_14315438.jpg


遠藤山ピークはこのルートの
最高地点となりますが…

こちらも樹々に囲まれていて
展望もピーク感もありません 笑
e0105954_14322219.jpg


e0105954_14323631.jpg


ここで朝ご飯休憩をとりました。
e0105954_14324527.jpg


こちらには穴滝へ向かう分岐などがあります。

ここから塩谷丸山までは一旦300mほど
標高を落としてまた200m以上一気に登ります。

最終コルまでの道のりは背丈以上の藪漕ぎに、
地図に載っていない林道横断などがあります。

縦走路の様子
e0105954_14331626.jpg


e0105954_1434015.jpg


歩きやすい林道に進まないように
よく踏み跡を探して藪を突き進んで下さい 笑

最終コルまで降りると最上登山口との合流点です。

ここまで来てやっと塩谷丸山が見えます。
e0105954_14341831.jpg


ここからは軽くジグを切る程度で
ほぼ直登の激登りです。

涼しければどぉって事は無いですが、
逃げ場のない直射日光に無風でしたので
とてもキツい登りとなりました。

無風快晴というのに塩谷丸山ピークは
貸切状態でした。

本ピーク手前のガレ場
e0105954_14354127.jpg


e0105954_1436574.jpg


e0105954_14362017.jpg


e0105954_14364330.jpg


e0105954_1437499.jpg


本ピーク
e0105954_1438022.jpg


e0105954_14382582.jpg


e0105954_14384390.jpg


e0105954_1439422.jpg


休んでいるとすごく小さな虫が
大群で寄ってくるので飲み食いも
ままならない状況でしたので、
記念写真を撮って下山しました。

下山は慣れた道
e0105954_14395678.jpg


無事下山してノンアルで乾杯
e0105954_14403679.jpg


2017.8.7
小樽天狗山→於古発山→遠藤山→塩谷丸山
e0105954_14405211.jpg


出発時間:2017-08-07 05:29:35
到着時間:2017-08-07 11:30:22
所要時間:6時間 0分 47秒
移動距離:14.00 km
登山/下山距離:6.59 km / 7.42 km
平均速度:2.3 km/h
最低/最高速度:0.7 km/h / 5.3 km/h
最低/最高高度:101 m / 742 m
消費カロリー:3427kcal

今年の山行で踏んだピークは79座、
累積歩行距離は約430.73kmとなりました。





HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-08-08 14:41 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2017.7.31 黄金山

浜益富士こと黄金山に登ってきました。
e0105954_21205751.jpg


基本的にどこも天気がダメなので、
早い時間が勝負と思って
午前3頃から登り始めました。

分岐までは20分ほど。
e0105954_21212049.jpg


分岐の近くには水場があります♬
e0105954_21221360.jpg


1時間チョットで登頂。
e0105954_21232169.jpg


時々なんのアプリと聞かれますが...

リアルにヘンテコなメガネです 笑
e0105954_21233421.jpg


あわよくば狙っていた御来光は、
登ってる時から小雨が降ったり
止んだりの天気で全くダメでした。
e0105954_21251024.jpg


e0105954_21253420.jpg


e0105954_21254648.jpg


小雨が降る中、
山頂朝ゴハンでカップ麺とおにぎり♬
e0105954_21261383.jpg


たいしてコンディションも良く無いのに
1時間チョットも滞在してました。

本ピークから前衛峰の相方さん
e0105954_21271988.jpg


e0105954_21273138.jpg


前衛峰から本ピークのワタクシ
e0105954_21281861.jpg


e0105954_21284767.jpg


前衛峰のロープ場
e0105954_2129166.jpg


標高400m地点からピークを振り返る
e0105954_21304489.jpg


下山中にカミナリが鳴りだして、
雨が降る前にお隣の神居尻山にも
登るという企みに暗雲が…涙

無事下山すると雨が本降りになり
ギリギリセーフでした^ ^
e0105954_21312417.jpg


登りも、滞在も、下山も1時間チョットで
トータル3時間10分ほどでした 笑



天気予報をチェックしても
回復する要素は無いので神居尻山は中止。

ヤケ喰いのスイーツ祭りへ向かいました。

2014.7.31 黄金山
e0105954_21315368.jpg


出発時間:2017-07-31 03:07:15
到着時間:2017-07-31 06:16:32
所要時間:3時間 9分 17秒
移動距離:3.73 km
登山/下山距離:1.82 km / 1.91 km
平均速度:1.2 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 4.9 km/h
最低/最高高度:184 m / 746 m
消費カロリー:1799kcal

今年の山行で踏んだピークは74座、
累積歩行距離は約415.92kmとなりました。




HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!



友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-31 21:32 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2017.7.24 神威岳

数年前から狙っていた
神威岳に登ってきました♬
e0105954_15121978.jpg


天気と季節と、自分の予定と休みが
一致するのに3年かかりました 笑

前夜仕事を終えてから札幌を出発。

長い林道を暗闇の中走るのはイヤなので、
登山口より50kmほど手前の三石の道の駅で
2時間ほど仮眠してから元浦河林道へ。

目指す頂はアレかな?
e0105954_15123827.jpg


4:20頃、神威山荘に到着。

準備を済ませて4:40に出発しました。

作業道路跡地の様な道を歩き最初の渡渉。
e0105954_15131210.jpg


私は今回、フェルトじゃなく
ラバーソールの沢靴を使ってみることに。
e0105954_15132298.jpg


ラバーソールもフェルト同様に滑らないです♬

登山道は踏み跡は明瞭ですが、
笹が被っているのでパッと見は
不明瞭かもしれません…
e0105954_1514325.jpg


入渓地点から徒渉と巻道を繰り返します。
e0105954_1515994.jpg


e0105954_15153164.jpg


巻道は分かり易くは無いので、
時間と体力があるなら
沢を詰めても良いかもしれませんね。

出合いは最初の分岐から右→左→右です。

尾根取り付き地点には大きな岩に
赤い矢印の目印があります。
e0105954_15162418.jpg


ここで沢靴をデポして
登山靴に履き替えつつ大休憩。

ポールもザックに括り付けました。

尾根取り付きからはひたすら笹漕ぎの急登。

こんな中を激登りしていきます 笑
e0105954_1517782.jpg


気温は20℃ほどですが
無風状態で暑かったです。
e0105954_15175793.jpg


国境稜線に出ると目指す山頂は近いです。
e0105954_15181023.jpg


神威山荘を出発してから休憩込みで
4時間45分かかってようやく登頂。
e0105954_15183696.jpg


念願の神威岳ピークを踏みました♬
e0105954_15185272.jpg


e0105954_1519686.jpg


e0105954_15193582.jpg


撮影やランチで50分ほど、
山頂でのんびり過ごしました。
e0105954_15202435.jpg


e0105954_15204721.jpg


下山も激下りですので笹や樹々につかまり
慎重に下りていき、沢からも慎重にピンテを
確認しながら休み休み下山していきました。

無事に神威山荘に着いた時には、
出発から9時間20分が経過していました。

13km弱の距離で9時間以上もかかるとは
なかなか登りごたえのあるお山ですね!

帰り仕度を済ませて、
20kmもある長い林道を走っていると…

突然タイヤがバーストして、
サイドウォールがビリビリに裂けました。
e0105954_1521711.jpg


すぐにスペアタイヤに交換しましたが...
e0105954_15213111.jpg


11年前の新車時から腹下にぶら下がっていた
タイヤとホイールが信用できなくて
またバーストするのではと思って
慎重に運転してなんとか林道脱出。

その後スタンドにて空気圧と
締め付けトルクをチェック。

テンパータイヤじゃなく純正サイズの
スペアタイヤでしたので通常通りの
運転ができたのが幸いでした。

最新の車などはスペアタイヤの装備が無く、
パンク修理キットが付属してますが、
そんなの山奥では役に立ちませんので
登山で林道走行をする方はスペアタイヤを
持ち歩くべきだと思います。

その後、静内のビクトリアで食事して...
e0105954_15215532.jpg


e0105954_152298.jpg


夕陽を見ながら安全運転で帰宅。
e0105954_15222747.jpg



今後のヤマ活のためにダート競技用の
ラリータイヤを購入しました 笑

林道は良くても一般道でのノイズが
ヒドイくなってしまいますが…

林道の奥地で携帯電話の電波がある場所まで
何十㎞も歩く事態になるよりはマシです 笑

2017.7.24 神威岳
e0105954_1511325.jpg


出発時間:2017-07-24 04:40:14
到着時間:2017-07-24 14:00:02
所要時間:9時間 19分 48秒
移動距離:12.43 km
登山/下山距離:5.60 km / 6.83 km
平均速度:1.3 km/h
最低/最高速度:0.5 km/h / 5.6 km/h
最低/最高高度:369 m / 1599 m
消費カロリー:5332kcal

今年の山行で踏んだピークは73座、
累積歩行距離は約412.19kmとなりました。







HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!



友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-25 15:24 | 登山 | Trackback | Comments(2)

☆2017.7.18 斜里岳

2017.7.18 斜里岳
e0105954_1630810.jpg


出発時間:2017-07-18 04:58:50
到着時間:2017-07-18 11:42:30
所要時間:6時間 43分 40秒
移動距離:10.53 km
登山/下山距離:5.09 km / 5.44 km
平均速度:1.6 km/h
最低/最高速度:0.1 km/h / 7.0 km/h
最低/最高高度:663 m / 1553 m
消費カロリー:38376kcal

今年の山行で踏んだピークは72座、
累積歩行距離は約399.76kmとなりました。

前日はほとんど寝ないで羅臼岳に登って
下山後は羅臼で食事して斜里町へ移動。

清岳荘に泊まることも考えましたが、
混雑を予想して車中泊する事に。

翌日の山行用の食料などを買い出して、
日が落ちて間も無く力尽きて就寝 笑

午前2時頃起床してノンビリ準備開始。

3:30頃、清岳荘に向けて出発しましたが
途中から小雨が降り出しました。

ガスって山容も全く見えないし
また今日もレイン着て登るのかと
ガッカリしながら清岳荘に到着。

天候回復を期待しつつ、
ここでもまたノンビリ準備して
5:00頃出発しました。
e0105954_16314028.jpg


登山口から一旦林道へ出て...
e0105954_1632821.jpg


その先に本当の登山口があります。
e0105954_16322467.jpg


登山道には濡れた
草木が被っていて結構濡れます。
e0105954_16323536.jpg


頭上にも低い位置に樹々があるので
頭上も注意が必要です。
e0105954_16331783.jpg


沢を詰めるというのに
ヘルメットを忘れてしまいました。

何度も頭をぶつけて軽く出血 笑

基本的には登山靴でOKの
山だと思いますが…

雨が続いていて水量が多め?
(初来訪だからわからない)

だったし雨で全てが濡れていて
乾いてる所などな無くて滑るし、
以前は有ったというロープや鎖も無いので
状況によっては沢靴が有効な気もします。

ワタクシはギリギリまで迷って、
新道下山時のことも考えて登山靴でした。
e0105954_16335155.jpg


軽い渡渉を数回クリアして、
すぐに下二股を旧道に進むと
渡渉や高巻き、滝の直登などの連続です。
e0105954_1634291.jpg


e0105954_16344718.jpg


e0105954_16352432.jpg


直登で行く滝は事前の調べでは
端の方は乾いていて滑らないという
情報でしたが雨続きのせいか結構滑りました
e0105954_1635462.jpg


e0105954_16355852.jpg


まぁまぁ緊張感のあるところもありました。

沢特有の大きな段差の処理や、
斜度のある岩を登るのに慣れてなさそうで
かなり苦労してる方も数名見かけました。

雨続きの後は新道ピストンという
選択もアリかと思います。

何度も滝を越えて行くと水量が少なくなり
源頭が近いのかなとなったらすぐに上二股。
e0105954_16362858.jpg


馬の背まで後少しです。

馬の背手前の胸突き八丁はその手前の斜面と
変わらず胸突き八丁感は無かったです 笑
e0105954_16373099.jpg


馬の背は風の通り道らしく風があり寒い。

ここからはお花が咲く普通の登山道です。
e0105954_16374014.jpg


e0105954_1638127.jpg


山頂に着くと風もなく少しだけ晴れています。

下にも上にも雲があり全く景色は見えませんが
青空が細くちょっとだけ見えました。
e0105954_16382361.jpg


前日の羅臼岳の大荒れの山頂に比べたら
天国にように平和でした。
e0105954_16384966.jpg


e0105954_16392636.jpg


e0105954_16394862.jpg


1名の先行者さんと数名の後続者さんと
雑談をしながら山頂ランチをして下山開始。

下山は新道からで竜神池にも寄りましたが…
e0105954_16401373.jpg


とっても綺麗な小さな水溜りでした 笑

そして新道コースは登りが多くて
前半は下山感が無いです。

熊見峠からの急下りは泥濘がひどくて
めちゃ滑って危険でした。

長いドロドロの下りを終えると下二股です。

ここからは来た道を戻って清岳荘に到着。

11kmほどのコースにしては
登りごたえのあるお山でした♬

さてここからが核心部です。

帰りの運転は約380km!!

途中の道の駅で辛みそラーメンと
タランボそばとソフトクリームを食べ...
e0105954_16405097.jpg


札幌に着いたらコメダでかき氷と
シロノワールでまったりしてから帰宅。
e0105954_1641128.jpg


出発からの総走行距離は882.8kmでした♬
e0105954_1641313.jpg


今回購入した山バッジ
e0105954_16422996.jpg


夏場に2回あるワタクシの連休は、
ガスと雨の2日間で予定してた山を
諦めることになりましたが…

初めて知床に来て
念願の野生の熊も見れたし、
無事2座の百名山に登る事が出来たし
なかなか楽しめました〜♬




HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-20 16:48 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2017.7.17 羅臼岳

ワタクシにとって夏季にに2回しかない
貴重な連休は今年も雨予報…

日高狙いでしたが諦めて
カッパ着て低山に行こうと思ったが…

知床方面がマシっぽいので、
今まで遠すぎて少ない休みでは
行く気がしなかった羅臼岳と斜里岳に
言ってみることにしました^_^

16日の仕事終えてから札幌を出発して
ウトロへ向け400km超えのロングドライブ。

美幌〜小清水で道路が
冠水気味になるほどの大雨で不安がよぎる。

斜里あたりからはガスだけで
雨は降ってなくてやや安心しましたが、
ウトロに到着して道の駅で1時間ほど
仮眠して起きるとガスガスで小雨模様。

ガッカリしつつ登山口へ向かうと、
手前の車道脇に親子クマさんを発見!
e0105954_11592969.jpg


できるだけ安全な状況で野生の熊を見るという
悲願を達成して猛烈にテンションUP! 笑

4mほどの至近距離、しかも親子!

クルマなど気にせず夢中で
アリの卵や幼虫を食べていました。

めちゃくちゃ可愛くて
感動して15分ほど見てました 笑

テンションが上がってヤル気倍増 笑

多少の雨など気にもならない笑

出発前に木下小屋を覗くと玄関に
管理人さんが飼ってるチンチラが。
(暗くて写真撮れず...)
e0105954_1221091.jpg


知床では飼っている人が
ほとんど居ないと言ってました。

ひょんなところでチンチラ仲間に出会えて
さらにテンションアップ 笑

長距離運転の疲れと寝不足など感じず
小雨の中サクサク登れました♬
e0105954_1225030.jpg


弥三吉水で浄水ストローで水をガブ飲みして...
e0105954_1232286.jpg


雨の中さらに進んで行きます。
e0105954_12213456.jpg


次の水場の銀冷水に着くと
見覚えのある方が休憩中です

ヤマッパーのけんさん、
ポーリンさんご一行でした〜( ^∀^)
e0105954_12221644.jpg


e0105954_12224957.jpg


ここで雑談と写真撮影で
長めの休憩をとり大沢に向かいます。
e0105954_1223536.jpg


大沢の雪渓はすべて溶けていて
脇にちょこっと残雪があるだけでした。

視界は周囲はちゃんと見えるが、
展望はまったく無しでした 涙
e0105954_12234492.jpg


羅臼平から先はところどころで風があり
寒くなりガスも濃くなってきました。
e0105954_12241372.jpg


ピーク手前の岩場の急登は
小柄な相方さんは段差の処理に
時間がかかるのでちょっと進んでは待ちます。
e0105954_12244891.jpg


ピークからは3名ほど降りてきていて、
みなさん後ろ向きのクライムダウン方式で
降りてくるのでどれだけ険しいのかと
思いましたが、それほどでもありませんでした。
e0105954_1225264.jpg


ピークに到達すると何も見えませんが、
海側から吹き上げてくる強風で寒い。

長居無用で写真を撮って即下山開始。
e0105954_1225216.jpg


e0105954_12253664.jpg


e0105954_12255719.jpg


直下の岩場で風を避けてランチして下山しました。

下山後は木下小屋の管理人さんと雑談してから
ウトロの道の駅で海鮮丼、熊肉バーガー、
コケモモソフトクリームを食べて斜里町へ。
e0105954_12262649.jpg


e0105954_12265719.jpg


e0105954_12271892.jpg



2017.7.17 羅臼岳
e0105954_12273810.jpg


出発時間:2017-07-17 05:43:34
到着時間:2017-07-17 12:47:49
所要時間:7時間 4分 15秒
移動距離:13.62 km
登山/下山距離:6.14 km / 7.48 km
平均速度:1.9 km/h
最低/最高速度:0.3 km/h / 5.4 km/h
最低/最高高度:206 m / 1664 m
消費カロリー:4036kcal


2017.7.18 斜里岳へつづく・・・






HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-19 12:28 | 登山 | Trackback | Comments(0)

☆2017.7.10 青山

橇追山で御来光を楽しんだ後は…

札幌に戻って南区のマイナー峰「青山」へ。
e0105954_1322922.jpg


笹が刈られていたり、階段が付いていたり
整備はされている様ですが…
e0105954_13222661.jpg


e0105954_13224014.jpg


イカついオニグモのクモの巣だらけで、
非常に不快指数が高いです。

マダニも数匹払いました... 汗

クモの巣を払い過ぎてポールが
クモの巣だらけになるし…

クモの巣を見落として顔にクモの巣が
張り付いたり、オニグモ蜘蛛が足に付いて
体を登って来たりします ( ;´Д`)

やたらと分岐が多くて、
どう進んで良いのかもわかりません 笑

他にもマムシに、ヒグマに、スズメバチに、
マダニに注意という...危険な山です 笑
e0105954_1325286.jpg


e0105954_13255043.jpg


土が乾いていてわかりにくいけど、
クマの足跡らしきものがズーッとありました。

クマのフンは、新しいものから古いものまで
至る所にたくさんありました 汗
e0105954_13244340.jpg


今回はコレが効いていたのかも?
e0105954_144513.jpg


e0105954_1451114.jpg


とは言っても、今までも出会った事ないから
効いたかどうかは解らない 笑

コレを焚いてるとリスさんとか可愛い動物にも
会えなくなりそうだし、自分にもかなり効きます 笑

登山口から山頂まで樹々に覆われてて
視界が拓けるポイントもありません。

花も山菜も見かけません。

唯一見かけた花はこれくらい。
e0105954_13232344.jpg



山頂の樹々のスキマからちょうど同じ高さくらいの
藻岩山の山頂が見えました。
e0105954_1330397.jpg


ヘンテコ眼鏡〜♬
e0105954_13463650.jpg


暑くてかけてられない 笑
e0105954_13472752.jpg


e0105954_13541237.jpg


e0105954_13544272.jpg




静かなマイナー峰を訪れるのは好きですが、
こちらはオススメとは言い難いです。

2017.7.10 青山
e0105954_13211528.jpg


出発時間:2017-07-10 07:11:50
到着時間:2017-07-10 08:55:21
所要時間:1時間 42分 54秒
移動距離:5.16 km
登山/下山距離:2.65 km / 2.52 km
平均速度:3.0 km/h
最低/最高速度:0.3 km/h / 5.8 km/h
最低/最高高度:211 m / 528 m
消費カロリー:971kcal

今年の山行で踏んだピークは70座、
累積歩行距離は約375.61kmとなりました。



HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-11 14:07 | 登山 | Trackback | Comments(0)

午後から市内で所用があるため
遠出して大きな山に登るのは無理なので…

御来光を見ながら朝ごはんでも食べようと思い、
駐車スペースから10分程度で登れる橇追山へ。
e0105954_22392247.jpg


山頂にはウッドデッキのテラスがあり、
快適に御来光を見る事が出来ます♬
e0105954_22395294.jpg


羊蹄山のビューポイントでもあります。
e0105954_22401999.jpg


駐車スぺースから山頂までは
砂利道の作業道路なので…

普段着にサンダルでザックだけ背負って、
月を見ながら10分ほど歩きます。
e0105954_22405066.jpg


e0105954_2241098.jpg


ピークに着くとすでにマジックアワーが始まってました。
e0105954_22414717.jpg


e0105954_2242898.jpg


e0105954_22421987.jpg


すぐに御来光が現れ始めました!
e0105954_22431147.jpg


e0105954_22432857.jpg


御来光を見ながら...
e0105954_22441344.jpg


ワタクシはお湯を沸かしたり
写真を撮ったりコーヒーを飲んだり、
パンを食べたりと大忙しでした 笑
e0105954_22444713.jpg


e0105954_2245419.jpg


e0105954_22451847.jpg


e0105954_22455438.jpg


e0105954_22462116.jpg


一通り写真を撮ったらのんびり景色を見ながら
2杯目のコーヒーを飲んで下山しました。

駐車スペースは尻別岳の登山口となります。
e0105954_22482593.jpg



☆2017.7.10 橇追山 御来光CAFE
e0105954_22383025.jpg


出発時間:2017-07-10 03:42:53
到着時間:2017-07-10 05:08:21
所要時間:1時間 25分 28秒
移動距離:1.49 km
登山/下山距離:0.74 km / 0.75 km
平均速度:1.0 km/h
最低/最高速度:1.5 km/h / 5.1 km/h
最低/最高高度:661 m / 723 m
消費カロリー:809kcal

まだ時間があるので札幌に戻って、
南区のマイナー峰にでも登ろうと思って
札幌へ向かいました。

つづく...


HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-10 22:49 | 登山 | Trackback | Comments(0)

元々のんびりハイクの予定でしたが…

天気予報が好転したので、
今しか行けない三笠新道〜忠別岳の
日帰りを目指して2日の終業後に
大雪高原温泉を目指し出発。

層雲峡に着いた時点で雨だったので、
天気の様子見と電波確保の為に層雲峡で
2時間仮眠しておきてみると…

超濃霧&雨で全くヤル気が出ない(ㆀ˘・з・˘)

高根ヶ原まで上がれば雲を抜けた
かもしれないですが…

ガスで視界不良の中、早朝の高原沼に
入る勇気は無かったです 笑

忠別岳はあっさり諦めて旭川の嵐山に。

小雨が降る中、普段着にサンダルで
山頂展望台の屋根の下でアカゲラさんを
見ながらの朝ごはん〜(o^^o)♬
e0105954_1513103.jpg


e0105954_15131956.jpg


雨のせいかマイマイさんが沢山いました。
e0105954_15134261.jpg


大雪山は完全に雲の中で何一つ見えません 涙
e0105954_151356100.jpg


嵐山の後は深川の里山、音江連山へ。
e0105954_15141929.jpg


沖里河山〜無名山のプチ縦走します。

沖里河山ピーク
e0105954_15144845.jpg


e0105954_1515619.jpg


無名山ピーク
e0105954_15154432.jpg


e0105954_15155628.jpg


e0105954_1516794.jpg


モチロンここでもガスワンダーで景色は皆無 涙

縦走路では笹藪ガサガサ & 落とし物がありました。
e0105954_15161676.jpg


クマは縄張り内に数カ所の寝ぐらを確保して、
エサが無くなったらローテーションするらしいです。

人が少ない悪天候の早朝に移動することが多いので、
ガスガスの早朝とかは時に注意が必要ですね 汗

ワタクシ達は会話が出来ないくらいのウルサイ鈴と
MP3プレイヤーで自分の存在をアピールしてます〜^_^

沖里河山〜無名山を下山したのが7:XX頃…

夕張の夕張メロン食べ放題ランチの
整理券配布に間に合うかも?

と、とんでも無いコトを思いつく 笑

一般道を制限速度で走って夕張に9:15着で
なんとか11:00から開催の1部の整理券をGET♡
e0105954_15165174.jpg


夕張メロン食べ放題ランチビュッフェ1800円也

「めろんのテラス」では店長はプードル…
副店長はネザーらしい…笑
e0105954_151717.jpg


カットが小さくて食べ応えが無く、
提供も途切れるという事前情報でしたが、
改善された様でナント半玉と1/8カットが
ズラリと並んでいてテンションUP 笑
e0105954_15171497.jpg


メロン以外の料理も少々食べましたが…
e0105954_1518619.jpg


内容はそれなりなので、
逆にメロンに集中出来て良かったです 笑

メロンは5玉食べたところで飽きがきて
ワタクシ6玉、相方さん3玉で終了。
e0105954_15184136.jpg


めろんのテラスの後は車で休憩してから
食後の運動で冷水山に登るコトに。

13:30スタートで小雨が降っていて
曇りですが蒸し暑いです。

何よりメロン6玉ぶん重くなった
MYボディが重いですΣ('◉⌓◉’)笑

冷水山はMt.レースイのスキー場となってます。
e0105954_15191074.jpg


ホテル横の橋を渡って右手に作業道路があり
それを歩いていけば山頂まで行けます。

道路脇とゲレンデには
マーガレットやルピナスが満開ですが...
e0105954_15205161.jpg


お山の花では無いですよね 笑

1時間ほどで登頂できます、
最終リフトの近くの階段を上がれば山頂です。
e0105954_15221132.jpg


晴れていれば景色は良いらしいです 笑
e0105954_15241728.jpg


立派な山頂標識があります。
e0105954_15251769.jpg


e0105954_1525324.jpg


e0105954_1525463.jpg


下山は来た道を戻っても良いし
ゲレンデのリフト下を歩いても良いですね〜^_^
e0105954_1526026.jpg


急登好きならゲレンデを登るのも良いと思います 笑
意外と登り応えアリと感じましたが…

メロンが重かっただけかもしれません 笑

2017.7.3 冷水山
出発時間:2017-07-03 13:34:35
到着時間:2017-07-03 15:15:34
所要時間:1時間 40分 59秒
移動距離:5.26 km
登山/下山距離:2.94 km / 2.31 km
平均速度:3.1 km/h
最低/最高速度:1.1 km/h / 4.9 km/h
最低/最高高度:300 m / 705 m
消費カロリー:952kcal
e0105954_15262269.jpg


冷水山を下山後は札幌に戻って
ちょっとした用事を済ませて帰宅。

前夜、自宅を出てから層雲峡で2時間
車中の仮眠を挟んだ走行距離は約600km、
登山はたったの9km弱という…
e0105954_15264028.jpg


ある意味ハードな1日でした 笑

今年の山行で踏んだピークは68座、
累積歩行距離は約368.96kmとなりました。





HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


友だち追加数
by infiniti_q45_213 | 2017-07-04 15:27 | 登山 | Trackback | Comments(0)