☆2016.6.6 ピンネシリ〜待根山〜隈根尻山

樺戸山地のピンネシリ〜待根山〜
隈根尻山をトライアングル縦走しました。
e0105954_18333278.jpg



2016.6.6
ピンネシリ〜待根山〜隈根尻山

出発時間: 2016-06-06 04:07:43
到着時間: 2016-06-06 11:03:47
所要時間: 6時間 56分 4秒
移動距離: 15.33 km
登山/下山距離: 7.79 km / 7.54 km
平均速度: 2.2 km/h
最低/最高速度: 0.5 km/h / 6.4 km/h
最低/最高高度: 279 m / 1102 m
消費カロリー: 3960kcal

定番の新十津川砂金沢コースではなく
道民の森一番川地区から登りました。

登山口までの林道を歩くか、
登山口までクルマで行くかは….

みなさんのブログやレコを見てみると、
各自の判断で決めている様なので…

ここでは触れない事とします。

登山口ゲートの鍵を開けて山菜取りに
入ってる方も少なからず居る様で、
この日も前日のものと思われるタイヤ痕が、
かなり奥の方までありました。

登山口ゲートまで車で行くには、
浅い川をクルマで渡渉したりするので
全くオススメはしません!!

登山ルートはいきなり渡渉があります
水量はその日によると思うのですが…
e0105954_18344135.jpg



ハイカットの防水の登山靴に
防水のスパッツをつけていれば、
ギリギリ濡れない範囲です。

間も無くピンネシリと隈根尻山の
分岐ですが案内板などは崩落しています。
e0105954_1835241.jpg


ワタクシ達はピンネシリへ向かいます。

登山道は以前は車が入れる林道だった様で、
概ね広く歩きやすいです。

小さな崩落箇所や渡渉もありますが、
問題なく通過出来る範囲だと思います。
e0105954_1835576.jpg


登山道は途中から小幅の丸木階段に…
e0105954_18361677.jpg


歩きやすいところもあれば、
ツマ先すらかからないところもある。

登山道脇のウドやタケノコを採りながら
登っていくとやがて待根山との分岐に、
ここは左に進んでピンネシリを目指します。
e0105954_1837168.jpg


ピンネシリ山頂直下には、
エゾノハクサンイチゲが群生していました。
e0105954_18372085.jpg


ピンネシリ山頂に着くと気象レーダの白と
青空と残雪の暑寒別連峰が美しかった。
e0105954_18374264.jpg


e0105954_18381220.jpg


e0105954_18383582.jpg


ここでカップ麺の朝食を済ませて待根山へ。
e0105954_1839080.jpg


待根山の山頂には山頂標識が無く、
標高を示す看板的なのが立っているだけです。
e0105954_18391896.jpg


ここから隈根尻山への縦走路は、
崩落しまくった滑落注意の急斜面が2箇所...

笹被りの登山路と雪渓のMIXでルートを
見失いやすい箇所が数箇所...

湿って滑る小幅の丸木階段などなど、
危険箇所が多数ありますが山菜も多いです。

どんどん荷物が重くなります 笑

距離もある荒れた縦走路が終わり、
一番川登山口との分岐に着いたら
ザックをデポして隈根尻山へ。
e0105954_18422726.jpg


ここからも笹と雪渓の繰り返しで
ルートがわかりにくいです。

雪渓から立ち上がりかけの泥だらけの笹を
漕いだり潜ったりして泥だらけになりました。
e0105954_18425680.jpg


狭い山頂ではサッと写真を撮り、
また泥だらけの笹を漕ぎ分岐に戻りました。

ここからは広く明瞭な登山路で道迷いの
心配は無くなりますが…

急斜面の丸木階段がしばらく続くので、
足元から目が離せません 笑

丸木階段が終わると広い緩斜面となり、
歩きやすくなります。

登山口まで3kmあたりのところに
雪で潰れたと思われる東屋があります。
e0105954_18431526.jpg


その後、橋が流されてしまった川を
5回も渡渉しなければなりません。

川幅も水量もそれなりに多いです。

ワタクシ達は晴れた低山でも
縦走向けのハイカットの登山靴と
ゴアのロングゲーターが標準装備なので、
浸水するよりスピードより早く渡るという
強行手段と、倒木を渡して少しでも
浅くするという方法で渡りました。

次の渡渉に備えて枯れ木の倒木を担いで歩く
e0105954_1844070.jpg


何本かの倒木を渡して、その上を歩く。
e0105954_18452087.jpg


ゲーター無しの軽登山靴では濡れずに
渡るのは絶対無理です。

ワタクシ達はその様な事態に備えて、
磯遊び用のマリンシューズを持ってましたが
履き替えが面倒で強行手段で行きました。

もう少し水量があったら出番でしたね 笑

5回の渡渉が終わると最初の分岐と合流して
最後の渡渉してゴールとなりました。

今年の山行の累積距離は269.2km、
踏んだピークは52座となりました。

どこまでクルマで行くという問題…

待根山〜隈根尻山間の縦走路が
崩落しまくりという問題...

隈根尻山側登山路の橋が流されていて
渡渉を5回しなければならない問題…

以上を踏まえると低山とはいえ、
ハードな山行に不慣れな方には
トライアングル周回ルートは
オススメはできません

ピンネシリ〜待根山のY字ピストンなら
危険箇所も少ないし大きな渡渉も
ないのでコチラがオススメです!

すべての写真を見るにはここをクリック














HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg


友だち追加数
トラックバックURL : http://street1995.exblog.jp/tb/24441200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by infiniti_q45_213 | 2016-06-07 18:47 | 登山 | Trackback | Comments(0)