☆2015.2.16 藻岩山〜円山

HAIRGARAGE STREET Hair Make
ココをポチっとしてみて!


☆2015.2.16 藻岩山〜円山
すべての写真を見る ココを押す



強風が吹き荒れるなか藻岩山へ...
e0105954_925652.jpg


e0105954_963461.jpg


いつもは一級国道の藻岩山ですが、
か○将軍の看板が飛ばされる強風です。

この日は小枝というには大き過ぎる
折れた枝がそこら中に散乱していて、
激しい吹き溜まりにより重たいパウダーで
一級国道は埋まりルート不明瞭でした。
e0105954_97139.jpg


e0105954_974562.jpg


先行2名はツボ足だったので
ズボズボ埋まったトレースがありました。

ルート不明瞭なので吹きだまりの
溝に沿って進んでしまった様で、
谷の方へ進んで行きルート修正は
あきらめたらしく馬の背より
かなり手前で敗退していきました。

ワタクシ達はスノーシューを
装着していたのでGPSでルートを
確認しながら吹き溜まりを乗り越え
正規ルートなど完全無視で
登頂しましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
e0105954_98759.jpg


e0105954_982620.jpg


e0105954_983877.jpg


景色は白...涙
e0105954_993670.jpg


強風を避け壁際に避難する相方さん。
e0105954_911144.jpg


下山時にワタクシたちのスノーシューの
トレースを歩いたツボ足の跡が
ありましたが、ズボズボ踏み抜いて
しまうため引き返した様です。

相方さんが風に飛ばされ転倒しましたが、
大事には至らず無事下山。

いつもは平日でも駐車場満車で、
何人もスライドする藻岩山も
この日はとてもひっそりしていて、
風の音だけが轟々と鳴っていました。

下山後は予定していたランチまで、
2時間もあったので、サクっと
円山でも登ってPH座数を稼ごう
という事になりました。

コレがとんでもない事に...

クルマを停め準備している時に、
話しかけて来たオバサマと
雑談していると消防 救急 パトカー
ヘリコプターが集まってきて、
周囲は騒然とした状況に。

隊員さんに何事か訪ねると、
円山登山道で首吊り自殺があったと。

他の登山者さんが通報した訳では
無さそうでしたので、おそらく自ら
通報してから決行したと思われます。

隊員さん達はまだ助かる見込みが
あるかもしれないので大急ぎだったし、
ヘリまで出動したのでしょうね...

オバサマが話しかけてくれなかたら、
確実に第1発見者になってました。

オバサマに感謝です...

隊員さんが登っても良いケド、
確実に遺体を見る事になりますよ
と言うので登山道から50mほど
離れた斜面を雪を漕いで登りました。

いつもリスが走り回ってる
大きな木のそばの登りやすそうな
木の高い所から人がぶら下がっていて
強風で揺れているのが見えました。

あんな高いところまで登るガッツがあるなら、
頑張って生きて欲しいと思いましたT_T

ブルーな気持ちで登頂しました。
e0105954_9125933.jpg


e0105954_9132775.jpg


風が強い...
e0105954_9135514.jpg


e0105954_914665.jpg


下山するとワタクシの車の真後ろで、
ワゴン車に靴を脱がされて、
寝かされていました...

自ら命を絶っても安らかに「無」に
なれるのでしょうか...?

残された方達が罪悪感を抱えたり
してしまったりしないだろうか?

色々と考えてしまいます。

どなたか存じませんが
ご冥福をお祈り致します。

気を取り直して楽しみにしていた
ランチへ向います...

↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg


友だち追加数
トラックバックURL : http://street1995.exblog.jp/tb/22816069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by infiniti_q45_213 | 2015-02-18 09:26 | 登山 | Trackback | Comments(0)