☆2014.12.22 イチャンコッペ山〜幌平山

強い寒気が入って極寒の中、
イチャンコッペ山と
幌平山に登ってきました。
e0105954_12278.jpg


イチャンコッペ山〜幌平山
全ての画像を見る(ここをクリック)


クルマで向っている時は
時折視界が無くなるほどの
風雪でしたので、
安全確保しやすい
紋別岳に変更するか
迷いながら向いました。

現地に着くと
雪は弱まったので
予定通りの山へ(・ิω・ิ)彡
e0105954_1222683.jpg


夜明け前の幌美内は
マイナス12度に風速10mで
体感はマイナス20度以下??

とにかく寒いです。

スタートから
ハードシェルを着用して
序盤の急登で高度を稼ぎます。

かなりの冷え込みなので
デコボコのトレースより、
表面がクラストして
ガチガチになった新雪の
上を歩いた方がラクでした。
e0105954_1243910.jpg


御来光を見ながら進んでいくと
運動量とお日様パワーで
体感温度が上がったので
ハードシェルを脱ぎザックに
掛けて登りました(^ω^)
e0105954_125346.jpg


e0105954_1243967.jpg


時折、日が差しますが
小雪が舞い強風で地吹雪が
凄くて顔が痛いです...
e0105954_1261641.jpg


e0105954_1264794.jpg


e0105954_127182.jpg


山頂に着いた時には、
吹雪いて何の景色もなく
気温もマイナス11度で
風も強いため晴れ待ち
する気にもなれず...
e0105954_1275332.jpg


e0105954_128438.jpg


写真を撮って即下山開始。
e0105954_1281442.jpg


e0105954_1283019.jpg


個人的にこの山は、
山頂より8合目と5合目の
展望が好きなので、
そのタイミングで晴れ間が
出ると良いなと思いながら
下山していきます。

8合目は
立ち止まりたく無いほどの
強風&地吹雪でスルー。

5合目で若干の晴れ間!
e0105954_12103558.jpg


e0105954_12104886.jpg


ここから見る
風不死岳&樽前山は好きです。
e0105954_12113913.jpg


ここから幌平山へ向う
北東尾根を歩きますが、
風の抜けるポイントで、
地吹雪が凄いです....
e0105954_12131737.jpg


イチャンコッペ山に
向う時はこの幌平山を
トラバースします。

無事に幌平山を登頂しました。
e0105954_1214521.jpg


e0105954_12154222.jpg


e0105954_12163745.jpg


ここからは、
近くて迫力のある恵庭岳が
見えるはずですが...
e0105954_12174044.jpg


ほぼ見えません(´・ε・̥ˋ๑)

目的の2つのピークを
ハントしたのであとは
無事に降りるだけです!
e0105954_1218109.jpg


本来なら来た道を忠実に
降りる方が安全なのでしょうが、
地吹雪がツラ過ぎるので、
風の影響を受けない幌平山の
笹が埋まった急斜面を、
GPSで確認しながら
トラバース開始地点を
めがけて一気に降りました。
e0105954_1219388.jpg


無事にショートカット成功、
そのまま無事に下山しました!

行動時間 約4時間
歩行距離 約8km
高低差 約500m
今年102座目のピークハント
となりました╭( ・ㅂ・)و ̑̑!!

寒さや地吹雪などありましたが、
大荒れの中登る事が多かった
最近の山行の中ではかなり
快適なハイクだったかなー 笑

それにしても前日まで好天で
休み明けも好天がほぼ毎週という
天気運の悪さはなんなんでしょう?

気の長いワタクシもさすがに
ふて腐れたくなります 笑

↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg



↓お知らせ↓
e0105954_16281875.jpg


年末年始の営業時間は、
28日まで通常通り。

29日の月曜日は、
休まず営業します。
(10:00〜19:00)

30日の火曜日は、
10:00〜19:00営業。

大晦日は休業します。

新年は
元日から営業します。
(11:00〜16:00)

4日より通常通りに
営業致します。

年末年始から
成人式までは、
早めのご予約を
おすすめ致します。



友だち追加数
トラックバックURL : http://street1995.exblog.jp/tb/22670818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by infiniti_q45_213 | 2014-12-23 12:22 | 登山 | Trackback | Comments(0)