☆2014.12.16 藻岩山 小林峠コース

狙っていた山は諦めて
小林峠コースから
藻岩山山頂を目指します
e0105954_16504229.jpg


駐車地点から登山口までは
少し歩きますo(≝o≝)o
e0105954_16584523.jpg


登山口の雪の深さは
スノーシューを装着して
ヒザ位の深さです。

風当たりが強くて吹きだまる
部分は腰位までありました。
e0105954_16592017.jpg


雪質は重めのパウダーです。

どこが登山道か分らない
深雪をラッセルしながら
時々あるピンクテープとGPSを
たよりに進んでいきます。
e0105954_171068.jpg


ピンクテープや道迷い防止のロープ、
道標や遭難者の慰霊、山頂の目印、
風除け等に使われるケルンや、
岩に記されたペンキなど、
ワタクシの様な初心者には
非常に助かるものなのですが...

登山界では自然の景観を
乱すなどの理由で良く思わない
人も多い様ですね。

見る角度によりどちらが
正しいかなんて違うので
ワタクシは良いとも悪いとも
言いがたいですが...

本当に自然を守るなら、
山になど入らず遠くから
見てれば自然破壊をせずに
済むのではないでしょうか?

ロープもテープも山頂標識すら
要らない、全て自己責任で死んでも
文句は無いと豪語している方が、
いろんな山の山頂標識で記念撮影
したりしてるのをみると、
チョットがっかりしてしまいます...

ハナシを戻して...

人気のコースと合流するまでの
3kmを1人でラッセルしました。
e0105954_1748271.jpg


e0105954_17475933.jpg


この間は強風で木に付いた雪が
飛ばされてくるのと地吹雪で
カメラを出す余裕も無く、
ひたすらラッセルしました 汗

旭山記念公園コースとの
合流地点が見えたときは
嬉しかったです 笑
e0105954_17502097.jpg


ここからしっかり踏み跡が有り
馴れた道をサクっと登って
100登頂達成となりました!
e0105954_1751264.jpg


愛用の道具たち
e0105954_17525951.jpg


山頂は大荒れで
景色どころではないです 笑
e0105954_17513051.jpg


e0105954_1751448.jpg


あまりの寒さに
ハードシェルを着用しました。
e0105954_17515740.jpg


何度も登っている藻岩山ですが、
今までは御来光登山や
ナイトハイクばかりでしたので
山頂のレストラン等の施設が
営業している時間は初めてです 笑

暖かい場所で休憩したり、
トイレが使えるのは
ありがたいです(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)

下山時は自分のトレースを
使えると思いきや...

登りより雪が増えて、
地吹雪で吹きだまりが
出来て所々腰までの雪でした。

何度も登り返しする
ルートなので下山感が無い 笑

最後は足が上がらなく
なりました〜汗

往復9km+駐車地点までの
往復1kmで約10kmで5時間近く
かかってしまった...笑
e0105954_17533885.jpg


冬はこのコースを
使う人がほとんどいない
理由が分りました 笑

強烈な北西風が斜面を
駆け上がってきて、
雪が降ってなくても
ホワイトアウト、
トレース消失が当たり前です。

低山の藻岩といえど、
冬の小林峠コースは
体力に自信が無い人と
コースファインディングに
自信の無い人は...

コンディションが悪い日は
行かない方が無難です!

なんぼでも迷えます^_^

長靴とPETボトル1本で
登れる慈啓会コースを
お勧めします!!

今年最初の登頂は藻岩山でした。

100登頂目も藻岩山...

年内の休みはあと2回、
シメはまた藻岩山かな?

あとのもう1回は、
どこに登ろうかなー?


↓下記の画像掲示で ご新規様割引↓
e0105954_8371625.jpg



↓お知らせ↓
e0105954_16281875.jpg


年末年始の営業時間は、
28日まで通常通り。

29日の月曜日は、
休まず営業します。
(10:00〜19:00)

30日の火曜日は、
10:00〜19:00営業。

大晦日は休業します。

新年は
元日から営業します。
(11:00〜16:00)

4日より通常通りに
営業致します。

年末年始から
成人式までは、
早めのご予約を
おすすめ致します。



友だち追加数
トラックバックURL : http://street1995.exblog.jp/tb/22656819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by infiniti_q45_213 | 2014-12-17 17:53 | 登山 | Trackback | Comments(0)