2013.9.16〜 大雪山

e0105954_924492.jpg


またまた大雪山に行ってきました。

コンディションが悪過ぎて、
あまり撮影出来ませんでした...(涙)
2013.9.16〜18_大雪山

層雲峡から大雪高原温泉に
縦走の予定でしたが・・・

山の上で風に捕まり遭難しかけて、
なんとか避難小屋に辿り着き、
下山出来ませんでた。

翌日、何とか無事に下山しましたが
帰宅後ニュースで数人のけが人と
1名が亡くなったと知りました。

あの状況では、自分がその立場に
なっても何の不思議も無かったです。

1日臨時休業してしまいましたが、
行きて帰って来れて良かった。

亡くなった方のご冥福を祈ります。

何があったかと言いますと....

〜ここから長文〜

16日の早朝、接近している
台風は太平洋沿岸にそれて、
翌日の天気は回復傾向の
見通しでしたので、雨の中
層雲峡の黒岳から大雪山に
上がりました。

黒岳〜北海岳〜白雲岳と
大雨の中ですが順調に
歩いて白雲岳避難小屋に
到着しました。

北海平は強風と雨で
かなりツラかったです。

天候が良ければ、小屋に
荷物をデポして赤岳や
白雲岳のピークに散歩に
行く予定でしたが....

翌日、
天候が回復してから
ゆっくり回って、
下山する事にして小屋に
ステイしました。

避難小屋と言っても、
雨風を避けれるだけで、
電気も暖房も何も無い
ただの小屋ですから、
室内の気温も3〜4℃、
夜は氷点下1℃ほどでした。

持参のシュラフでは、
防寒が足りなくてダウンの
上から防風ジャケットなど
何枚も重ね着して寝ましたが
あまりの寒さにほとんど
寝れませんでした。

その夜から、
小屋が揺れるくらいの強風が
吹きはじめ、翌朝17日には
雨はあがりましたが、
風は止みませんでした。

小屋にいたトムラウシや
美瑛富士方面を目指している
登山者たちは、諦めてステイ
すると言っていましたが、
私たちは既に受けている
予約もあったため、
下山を試みました....

予定していたコース通りに
緑岳方面に進むと、稜線上に
上がったとたん、まともに
たっていられないほどの
強風でした。

姿勢を低くして防風姿勢を
とりながらジワジワと
進みピークを目指しました。

ガスもかなり濃く、
視界は3〜4mほどで、
風の音で2人の会話は
顔を10cmくらいまで
近づけないと全く
聞こえません。

ピークが見える頃には
さらに風は強くなり、
両ヒザつかないと
たえられないほどに...

ただでさえ、風で飛ばされた
石が飛んできて危ないのに、
5mmほどの大きなヒョウが
降ってきて顔も上げられない
状況になりました。

私のレインハットも
ロック用の本格カラビナで
繋いでいたのにひもが
切れて飛んで行きました。

相方のザックの
レインカバーも飛んで
行きました。

それでも風が息をする
瞬間を狙って少しづつ前進
していたのですが...

何度かの作戦会議の結果、
この先の、風がなくても
危険な岩場は無理と判断し
小屋に戻る事にしました。

この直後にワタクシが、
強風に飛ばされコース外に。

相方の姿を
見失ってしまいました。

ほんの5〜6m離れただけ
なのですが、声も届かないし
お互いを確認できません。

私の手元にはGPSがあり、
なんとか軌道修正できるので
私が相方を見つけなければ
マズイと思い、何度も風に
飛ばされて転げ回りながら、
必死で周囲を捜しましたが、
見つけられずに1時間以上
経過してしまいました。

最後にかわした言葉は、
「小屋に戻ろう」だったので
相方も私を捜す事を諦めて
小屋に戻ってるかもしれない
と思い小屋を目指す事に。

稜線を降りて風の影響を
受けにくいエリアに出て
ガスが晴れた瞬間、
前を歩く相方を発見して
安心しました。

天候が良ければ、
ありえないくらい近くで
お互いを捜していたと
思われます(笑)

多分、捜しているあいだも
何度もスライドしていた
のでしょうね。

改めて自然の凄さと、
死の恐怖を感じました。

その日の夜の小屋は
さらに寒くてほとんど
寝れませんでした。

翌18日は風の影響の少ない
ルートを選び、登山歴50年
の大ベテランのチームと
一緒に下山しました。

気温は氷点下で、氷った
登山道や、避けきれない
風の通り道もありましたが、
標高1800米くらいまで
降りると、風も弱まり
歩きやすくなり無事に
下山しました。

クルマをとめてある
層雲峡まで交通機関で移動し、
何とか帰宅出来ました。

突然の臨時休業に
なってしまい
申し訳ありませんでした。

避難小屋で
食料を分けてくれたり、
助けてくれた登山者の皆さん、
ありがとうございました。

HAIR GARAGE STREET

〒062-0934
北海道札幌市豊平区
平岸4条3丁目4-21


011(815)7786

■営業時間
平日

12:00~22:00
土・日・祝日
10:00~19:00

■定休日
毎週月曜日
第3火曜日

トラックバックURL : http://street1995.exblog.jp/tb/21091687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by infiniti_q45_213 | 2013-09-20 09:22 | 登山 | Trackback | Comments(0)